Webマーケティング

モバイルサイト向けWebマーケティング

PCサイト向けWebマーケティング手法をベースに
携帯ユーザーの特性を加味した対策!

現在、携帯向けネットサービスにおいて、携帯キャリアの公式サイト上で検索エンジンによる検索機能が標準搭載(docomo/au⇒Google検索、softbank⇒Yahoo検索)されています。これにより携帯ユーザーもPCユーザー同様に携帯電話で必要な情報を検索キーワードを利用して探すことが一般的になってきました。Webマーケティング戦略を実施する上で、PCユーザーのみならず携帯ユーザーをも視野に入れた対策が必要です。とはいっても、携帯SEO対策もリスティング広告(検索連動型広告)出稿も基本的な考え方はPCサイトの場合と同じです。

”携帯電話の利便性”
⇒PCと違って、人は常に携帯電話を持ち歩いているので、携帯ユーザーは外出先であっても必要な時に手軽にいつでも検索を行えます。
”携帯電話の迅速性”
⇒PCと違って、人は常に携帯電話を持ち歩いているので、企業は携帯ユーザーに対してリアルタイムに情報を伝達することが可能です。
”携帯電話の操作性”
⇒携帯電話の画面はPCの画面に比べるとはるかに小さいので、検索結果に対する携帯ユーザーの反応はPCユーザーより制限されます。
”携帯電話のユーザー層”
⇒携帯電話のネット利用者層の多くは10代~30代の学生や社会人といった若年層がターゲットユーザーになります。

上記の携帯電話の特性を考慮したSEO対策、リスティング出稿対策を行っていきます。

モバイルサイト向けSEOキーワードとリスティングキーワードの選定

モバイル向けWebマーケティングでは、モバイルの特性を考慮して、モバイルサイト向けSEOキーワードとリスティングキーワードを抽出、対策を施します。また、検索ユーザーを誘導する集客ページ(ランディングページ)もモバイルの特性を考慮したものに最適化します。