Webマーケティング

検索でヒットされやすくするSEO

SEO(Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化)により、検索サイトからのアクセスを獲得します。検索エンジンに自サイトの記述内容を正しく伝えることで、目的とするユーザーのアクセスを得ることが可能になります。
検索サイトからのアクセスを増やすには、適切な検索語で検索されたときに、 検索結果のできるだけ上位に適切なタイトル・概要文が共に表示される必要があります。

SEOに必要なポイント
① 適切なキーワードを選定する!
② 被リンク(内部リンク・外部リンク)を増やす!
③ サイトページの内部構造を考える!
④ サイトページ内は正しい文法で記述する!

当社のSEO対策の特徴

Step.1 適切なキーワードを選定する

ターゲットとなるユーザーの検索キーワードを見極めて、サイト内の重要キーワードに位置づけます。
サイト内容に適した検索キーワード候補を選定し、客観的データ(主要検索エンジンの実際の検索データ)を基に最重要キーワードを厳選します。キーワード選定を見誤るとターゲットユーザーを誘導できなくなるので、キーワード選定はSEO対策のスタートラインとして非常に重要な要素になります。

Step.2 サイトの内部構造を最適化する

重要キーワードの選定の次は、検索エンジンのクローラー(巡回ロボット)がサイト内を巡回してきた際に、重要キーワードを正しく認識させる必要があります。特に重要なのは、「タイトルタグ」「メタタグ」「強調タグ」内に適切に重要キーワードを盛り込むことで、検索エンジンのクローラーに「このサイトページの重要な検索キーワードは××ですよ」と正確に伝えることです。重要キーワードを無造作にサイトページに設置しすぎると検索エンジンのクローラーがスパム扱いするので注意が必要です。正しいHTML文法によるHTMLコーディングを施すことも基本ですが大切です。

Step.3 被リンク(内部リンク)を増やす

サイト内にサイトマップを設置して、検索エンジンのクローラーがサイト内部を巡回しやすいようにします。重要キーワードを設置したページ(通常はサイトのトップページ)を起点に、重要キーワードと関連性の高いページをできるだけ多くサイト内に追加していきます。サイト内に追加した各ページから重要キーワードを設置したトップページに向けて適切な内部リンクを設置することで検索エンジンのクローラーはサイト全体を評価し、重要キーワードによる検索結果上位表示につながります。

Step.4 被リンク(外部リンク)を増やす

現在、検索エンジンがサイトを評価する際に最も重要な要素として位置づけているのが、外部サイトから自サイトへの被リンク数と被リンクの質です。自サイトに設定した重要キーワードと関連性の高い他サイトから重要キーワードを含むテキストリンクにてリンクされることで、検索エンジンのクローラーはリンク先サイトを評価し、重要キーワードによる検索結果上位表示につながります。

外部リンク効果の高い被リンク先サイトとして注目を集めているのは、
☆IPアドレスが分散された別ドメインサイトからの被リンクです!

◎検索候補となる重要キーワードの選定、サイト内部の最適化、内部リンクと外部リンク対策、これらすべてを実行することで検索結果上位表示は実現します!